つながろまい愛西とは

つながろまい愛西は、海部津島の広域連携の円滑化を目的として、海部医療圏広域医療・介護・福祉ネットワーク「つながろまい海部津島」に参加しました。

地域包括ケアシステムの構築と整備

超高齢社会を迎えたわが国は、今後ますます高齢化率が高まることが予測され、2025年には、いわゆる団塊の世代が70代半ばを超え、支援を必要とする高齢者数の大幅な増加が見込まれるため、早急な対策が必要となります。

医療においては、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、慢性腎疾患等の慢性疾患が医療費の大半を占める一方で、介護対象者の増加による介護給付の増大も大きな社会問題となっています。

国は、その対策として「地域包括ケアシステム」を構築するため、5つの柱を打ち出しています。

① 医療との連携強化、② 介護サービスの充実強化、③ 予防の推進、④ 見守り、配食、買い物など多様な生活支援サービスの確保や権利擁護など、⑤ 高齢期になっても住み続けることのできるバリアフリーの高齢者住まいの整備です。

ネットワークの概要

ネットワークの概要

© 2017 つながろまい愛西  |